技能実習法について

外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律(いわゆる、「技能実習法」)が平成28年11月28日公布されています。 技能実習法は、公布から1年程度後に施行とされているので、本年の秋・冬までには、対応が必要です。 主要な許可基準は、ざっと下記のようなものになります。 (1)本邦の営利を目的としない法人であること (2)監理事業を適切に運営するための外部役員または外部監査の措置を講じていること (3)財産的基礎があること (4)個人情報その他技能実習生の秘密を保持できること ・・・・・・・・ この法律で、実務に大きく影響する点は、 ①実習実施者について届出制にしていること ②監理団体について許可制として、許可基準があることではないでしょうか。 もし、ご不安になれらる場合でようであれば、確認をお勧めいたします。

自転車保険加入義務化

みなさん、ご存知でしたか。 大阪府では、平成28年7月1日から、自転車保険の加入義務化がなされています。 第十二条 自転車利用者は、自転車損害賠償保険等(自転車の利用に係る交通事 故により生じた他人の 生命又は身体の被害に係る損害を填補することができ る保険又は共済をいう。以下同じ。)に加入 しなければならない。ただし、当 該自転車利用者以外の者により、当該自転車の利用に係る自転車 損害賠償保険 等に加入しているときは、この限りでない。 2   保護者は、その監護する未成年者が自転車を利用するときは、当該自転車の 利用に係る自転 車損害賠償保険等に加入しなければならない。ただし、当該保 護者以外の者により、当該自転車の 利用に係る自転車損害賠償保険等に加入し ているときは、この限りでない。 3  事業者は、その事業活動において従業者に自転車を利用させるときは、当該 自転車の利用に係 る自転車損害賠償保険等に加入するよう努めなければなら ない。 お子さんがおられる親御さん、経営者の方は、自転車保険加入する義務を負っているんですね。 ただし、この条例には、罰則が定められていないので、自転車保険に入らずとも、それのみで罰をうけることはありません。 それでも対応する必要がないかといえば、記憶にも新しい、自転車事故で9,520万円の賠償が神戸地裁で 命ぜられた例もありますので、自転車保険には入られた方が良いかと思われます。 自転車保険に加入するというのも一つですが、お住まいの火災保険や、自動車保険の特約で「個人賠償責任保険」をつけることができ、比較的安価に対応することもできるのでそちらも

採用開始のお知らせ

弊所では、昨年より、弁護士職の新規採用活動を開始しております。 詳細については、「ひまわり求人」を参照ください。

最新記事
アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

会社所在地 [大阪]

大阪市西区靱本町1−14−11 RE−014 401

TEL: 06-6449-2230  FAX: 050-3737-1489